WINGS(Www INtegrated Guide on Server-architecture)
Www INtegrated Guide on Server-architecture :
   ホーム お問い合わせ サーバーサイド環境構築設定 つぶやき ブックマーク レンタルサーバー 総合FAQ/訂正&ダウンロード このエントリーをはてなブックマークに追加        
  • 刊行書籍情報  [書籍マップ
  • オンライン公開 技術記事
  • シリーズ別書籍リスト
  • 「WINGS News」登録/解除
  • WINGSプロジェクト紹介
  • WINGSプロジェクトメンバ募集





【カテゴリ】 ASP.NET


速習 ASP.NET Core - Blazor編  

速習 ASP.NET Core - Blazor編

山田祥寛/著
WINGSプロジェクト/発行
定価 500円
Kindle版・ 210ページ・ 4色
発刊日: 2022年12月24日

[Amazon.co.jpからオンライン購入する]

   FAQ 本書訂正 アンケート ダウンロード

本書の特徴

ASP.NET Core Blazorをサクッとマスターしよう。

本書では、ASP.NET Core Blazor(WebAssembly)開発に必要な知識を6つのPartに分けて、サンプルコードとともに詳しく解説しています。
VSCode環境を前提に、コンポーネント開発の基本から、データの受け渡し、フォーム開発、サーバー連携によるデータベースアプリの開発までを解説します。
本書掲載のサンプルは、サポートページからダウンロード可能。どんどん動かして試してみてください。

まとめて読んで 更にスキルアップのこんな書籍

・C#言語をきちんと学びたい方へ
独習C# 第5版」(翔泳社)
・サクッと学べるASP.NET Core Razor Pagesの解説書
速習 ASP.NET Core - Razor Pages編」(WINGSプロジェクト)
・サクッと学べるASP.NET Core MVCの解説書
速習 ASP.NET Core 3」(WINGSプロジェクト)
分野・レベル別マップ

  Contents


Part 1:イントロダクション
 1.1 ASP.NET Coreを構成するサブフレームワーク
 1.2 ASP.NET Blazorとは?
 1.3 ASP.NET Coreアプリ学習の準備
  1.3.1 Visual Studio Codeのインストール
  1.3.2 .NET SDKのインストール

Part 2:Blazorの基本
 2.1 プロジェクトの作成
 2.2 サンプルアプリの内容を確認する
  2.2.1 トップページの準備 - index.html
  2.2.2 アプリを起動するためのエントリーポイント - Program.cs
  2.2.3 アプリの基点となるルートコンポーネント - App.razor
  2.2.4 個々のページを定義する - Index.razor
  2.2.5 アプリ共通のレイアウトを規定する - MainLayout.razor
  2.2.6 コンポーネント固有のスタイルシートを準備する - .razor.cssファイル

Part 3:サンプルアプリからBlazorの基本を理解する
 3.1 イベントハンドラーの実装 - Counter.razor
  3.1.1 イベントハンドラーの基本
  3.1.2 @codeブロックの分離
  3.1.3 標準のイベント引数
  3.1.4 イベントハンドラーに独自の引数を渡す
 3.2 プロパティ(属性)の引き渡し - SurveyPrompt.razor
  3.2.1 プロパティ値の指定
  3.2.2 任意の属性を引き渡す - 属性スプラッティング
 3.3 ルーティングに基づくリンクを生成する - NavLink.razor
  3.3.1 現在位置に応じてリンクをスタイル付けする
  3.3.2 補足:プログラム側からページを移動する
 3.4 依存サービスを注入する - FetchData.razor
  3.4.1 依存サービスを登録する
  3.4.2 HttpClientオブジェクトにアクセスする

Part 4:フォーム開発
 4.1 データモデルの実装
  4.1.1 共通のインポート宣言
 4.2 入力フォームの実装
 4.3 主な入力コンポーネント
  4.3.1 選択ボックスを生成する - <InputSelect>要素
  4.3.2 ラジオボタンのリストを生成する - <InputRadioGroup>/<InputRadio>要素
  4.3.3 ファイル入力ボックスを生成する - <InputFile>要素
 4.4 独自の検証ルールを実装する
  4.4.1 CustomValidaton属性を付与する
  4.4.2 IValidatableObjectインターフェイスを実装する

Part 5:Blazorの構成要素
 5.1 レイアウト
  5.1.1 レイアウトを適用するさまざまな方法
  5.1.2 入れ子のレイアウト
 5.2 ルートパラメーター(ルーティング)
  5.2.1 ルートパラメーターの基本
  5.2.2 複数のパラメーターと区切り文字
  5.2.3 省略可能なパラメーター
  5.2.4 可変長のルートパラメーター
  5.2.5 ルートパラメーターの制約条件
  5.2.6 クエリ情報を受け取る
 5.3 コンポーネント開発
  5.3.1 コンポーネント配下のコンテンツをテンプレートに反映させる - レンダリングフラグメント
  5.3.2 複数のフラグメントを利用する - テンプレートコンポーネント
  5.3.3 コンポーネントを動的に切り替える - 動的コンポーネント
  5.3.4 コンポーネントの複数階層で情報を共有する - CascadingValueコンポーネント
 5.4 JavaScriptとの連携
  5.4.1 BlazorからJavaScriptを呼び出す
  5.4.2 JavaScriptからBlazorのメソッドを呼び出す
  5.4.3 JavaScriptからBlazorのインスタンスメソッドを呼び出す
  5.4.4 JavaScriptからBlazorコンポーネントを呼び出す

Part 6:サーバーサイドとの連携
 6.1 プロジェクトの作成
 6.2 データベースアクセスの基本
  6.2.1 EF Coreとは?
  6.2.2 EF Core利用のためのツール/パッケージ
  6.2.3 データベースの作成
 6.3 サーバー機能を実装する
  6.3.1 スキャフォールディング機能の実行
  6.3.2 Web APIの動作を確認する
 6.4 クライアント機能を実装する
  6.4.1 一覧ページの実装
  6.4.2 詳細画面の実装
  6.4.3 新規登録画面の実装
  6.4.4 編集画面の実装

本ページへのリンクには、このロゴをご利用ください。


著作権情報個人情報保護について広告掲載についてRSSフィードについて
出版社の方々へ会社概要スタッフ紹介サイトマップ  
書籍/記事に関するご質問/お問い合わせは「WINGSお問い合わせフォーム」をご利用ください。
Copyright(c) 1998-2023,Yamada Yoshihiro.  All Right Reserved.