WINGS(Www INtegrated Guide on Server-architecture)
Www INtegrated Guide on Server-architecture :
   ホーム お問い合わせ サーバーサイド環境構築設定 つぶやき ブックマーク レンタルサーバー 総合FAQ/訂正&ダウンロード このエントリーをはてなブックマークに追加        
  • 刊行書籍情報  [書籍マップ
  • オンライン公開 技術記事
  • シリーズ別書籍リスト
  • 「WINGS News」登録/解除
  • WINGSプロジェクト紹介
  • WINGSプロジェクトメンバ募集





【カテゴリ】 


速習 Vue.js 3 - Composition API編  

速習 Vue.js 3 - Composition API編

山田祥寛/著
WINGSプロジェクト/発行
定価 700円
Kindle版・ 271ページ・ 4色
発刊日: 2022年4月27日

[Amazon.co.jpからオンライン購入する]

   FAQ 本書訂正 アンケート ダウンロード

本書の特徴

サクッと学べる。Vue.js 3(Composition API)の解説書。

本書は、Vue.js 3の使い方を13個のPartに分けて、サンプルコードとともに詳しく解説しています。新たな標準環境Vite、Pinia、Vitestなどにも対応しました。本書掲載のサンプルは、サポートページからダウンロード可能です。どんどん動かして試してみてください。

※本書は、既刊「速習 Vue.js 3」(Amazon Kindle)をVue.jsの新しいAPI「Composition API」対応で全面的に書き直したものです。

まとめて読んで 更にスキルアップのこんな書籍

・TypeScriptプログラミングを始めるなら
ゼロからわかる TypeScript入門」(技術評論社)
・Options APIについても知りたい方に
これからはじめるVue.js 3実践入門」(SBクリエイティブ)
・JavaScript開発必須の知識を身につけよう
JavaScript逆引きレシピ 第2版」(翔泳社)
分野・レベル別マップ

本書について取り上げていただいたブログさま

・CodeZine - CodeZine編集部さま
【新刊紹介】『速習 Vue.js 3 - Composition API編』発売、Vue.js 3の新たな標準が学べる入門書(2022年5月02日)

  Contents


はじめに
対象読者
動作確認環境について

Part 1:イントロダクション
1.1 JavaScriptフレームワークとは?
1.2 jQueryの問題点とJavaScriptフレームワーク
1.3 主なJavaScriptフレームワーク

Part 2:はじめてのVue.js
2.1 Vue.jsのインストール方法
  2.1.1 create-vueの準備とアプリの作成
2.2 サンプルアプリの内容を確認する
  2.2.1 トップページの準備 - index.html
  2.2.2 アプリを起動するためのエントリーポイント - main.js
  2.2.3 アプリを構成するコンポーネント - App.vue
  2.2.4 .vueファイルの構文
2.3 学習を進める前に
  2.3.1 サンプルファイルの入手方法
  2.3.2 サンプルファイルの利用方法
  2.3.3 補足:学習/開発に便利なツール

Part 3:Vueアプリの基本ルール
3.1 Vueアプリで「Hello, World」
3.2 リアクティブシステム
  3.2.1 リアクティブシステムの例
  3.2.2 複数値のリアクティブ化
3.3 算出プロパティとメソッド
  3.3.1 算出プロパティ
  3.3.2 メソッド
  3.3.3 算出プロパティとメソッドの違い

Part 4:ディレクティブとデータバインディング
4.1 ディレクティブによるデータアクセス - v-text
4.2 {{…}}式を無効化する - v-pre
4.3 文字列をHTMLとして埋め込む - v-html
4.4 属性値にJavaScript式を埋め込む - v-bind
  4.4.1 属性操作の基本
  4.4.2 複数の属性をまとめて指定する
  4.4.3 JavaScriptの式から属性名を決定する
4.5 値を一度だけバインドする - v-once
4.6 要素にスタイルプロパティを設定する - v-bind:style
  4.6.1 スタイルバインディングの基本
  4.6.2 複数のスタイル情報を適用する
  4.6.3 ベンダープレフィックスを自動補完する
4.7 要素にスタイルクラスを設定する - v-bind:class
  4.7.1 クラスバインディングの基本
  4.7.2 v-bind:classのさまざまな設定方法
4.8 {{…}}式による画面のチラツキを防ぐ - v-cloak

Part 5:イベント処理
5.1 イベントの基本
5.2 イベントオブジェクトを参照する
  5.2.1 イベントオブジェクトの基本
  5.2.2 イベントハンドラーに引数を渡す場合
5.3 定型的なイベント処理を宣言的に指定する - イベント修飾子
  5.3.1 イベント修飾子の基本
  5.3.2 イベント修飾子を利用する場合の注意点
5.4 キーボードからの入力を識別する - キー修飾子
  5.4.1 キー修飾子の基本
  5.4.2 システムキーとの組み合わせを検知する
5.5 マウスの特定のボタンを検知する - マウス修飾子

Part 6:フォーム開発
6.1 フォーム開発の基本
6.2 さまざまなフォーム要素の例
  6.2.1 ラジオボタン
  6.2.2 チェックボックス(単一)
  6.2.3 チェックボックス(複数)
  6.2.4 選択ボックス
  6.2.5 補足:オブジェクトをバインドする
  6.2.6 ファイル入力ボックス
6.3 バインドの動作オプションを設定する - 修飾子
  6.3.1 入力値を数値としてバインドする - number修飾子
  6.3.2 入力値の前後の空白を除去する - trim修飾子
  6.3.3 バインドのタイミングを遅延させる - lazy修飾子
6.4 双方向データバインディングのカスタマイズ

Part 7:条件分岐とループ
7.1 式の真偽に応じて表示/非表示を切り替える - v-if
  7.1.1 v-ifの基本
  7.1.2 式がfalseの場合の表示を定義する - v-else
  7.1.3 複数の分岐を表現する - v-else-if
7.2 式の真偽に応じて表示/非表示を切り替える - v-show
7.3 配列/オブジェクトを繰り返し処理する - v-for
  7.3.1 配列から要素を順に取得する
  7.3.2 インデックス番号を取得する
  7.3.3 オブジェクトのプロパティを順に処理する
  7.3.4 数値を列挙したい場合
7.4 v-forによるループ処理の注意点
  7.4.1 配列の絞り込みには算出プロパティを利用する
  7.4.2 異なる要素のセットを繰り返し出力する - <template>要素

Part 8:コンポーネント連携
8.1 コンポーネント連携の種類
8.2 コンポーネントへのパラメーターの引き渡し - プロパティ
  8.2.1 プロパティの基本
  8.2.2 プロパティ値の型を制限する
  8.2.3 検証ルールのさまざまな表現方法
  8.2.4 プロパティ利用の注意点
8.3 子コンポーネントから親コンポーネントへの伝達 - カスタムイベント
  8.3.1 カウンターアプリの例
  8.3.2 incrementイベントの実装
  8.3.3 カスタムイベントの監視
  8.3.4 カスタムイベントの検証
8.4 コンポーネント配下のコンテンツをテンプレートに反映させる - スロット
  8.4.1 スロットの基本
  8.4.2 複数のスロットを利用する
8.5 子孫コンポーネントへの値の引き渡し - Provide/Inject
  8.5.1 値をProvideする
  8.5.2 値をInjectする
  8.5.3 Provide値の操作
  8.5.4 補足:共通コードの分離

Part 9:組み込みコンポーネント
9.1 コンポーネントを動的に切り替える - <component>要素
  9.1.1 動的コンポーネントの基本
  9.1.2 コンポーネントの状態を維持する - <KeepAlive>要素
9.2 アニメーション機能を実装する - <Transition>要素
  9.2.1 アニメーションの基本
  9.2.2 <transition>要素の主な属性
  9.2.3 複数要素を対象とするアニメーション
9.3 テンプレート配下のコンテンツを任意の場所に反映させる - <Teleport>要素
9.4 非同期処理の待ちメッセージを表示する - <Suspense>要素

Part 10:ディレクティブ/プラグイン
10.1 ディレクティブの自作
  10.1.1 ディレクティブの基本
  10.1.2 親コンポーネントの監視
  10.1.3 引数付きのディレクティブ
  10.1.4 イベント処理を伴うディレクティブ
10.2 プラグイン
  10.2.1 プラグインの基本
  10.2.2 動作オプションの追加

Part 11:ルーティング
11.1 ルーターの基本
  11.1.1 ルーティング情報の定義
  11.1.2 ルーターの有効化
  11.1.3 トップページのテンプレート
  11.1.4 補足:プログラムからページ遷移
11.2 パスの一部をパラメータ―として引き渡す - ルートパラメーター
  11.2.1 ルートパラメーターの基本
  11.2.2 ルートの優先順位
  11.2.3 ルートパラメーターの記法
11.3 複数のビュー領域を設置する
11.4 入れ子のビューを設置する

Part 12:Pinia
12.1 Piniaの組み込み
12.2 Piniaによるカウンターアプリ
12.3 Piniaストアの活用
  12.3.1 ステート値を加工/演算する - ゲッター
  12.3.2 アクションによる操作を監視する - アクションサブスクリプション
  12.3.3 Piniaストアを拡張する - プラグイン
  12.3.4 補足:アクションサブスクリプションのプラグイン化

Part 13:ユニットテスト
13.1 ユニットテストの基本
  13.1.1 テストコードを確認する
  13.1.2 テストを実行する
  13.1.3 テスト共通のコードを切り出す
13.2 ユニットテストのさまざまな手法
  13.2.1 プロパティのテスト
  13.2.2 入れ子になったコンポーネントのテスト
  13.2.3 イベントのテスト
  13.2.4 カスタムイベントのテスト
  13.2.5 Provide/Injectのテスト

本ページへのリンクには、このロゴをご利用ください。


著作権情報個人情報保護について広告掲載についてRSSフィードについて
出版社の方々へ会社概要スタッフ紹介サイトマップ  
書籍/記事に関するご質問/お問い合わせは「WINGSお問い合わせフォーム」をご利用ください。
Copyright(c) 1998-2022,Yamada Yoshihiro.  All Right Reserved.