WINGS(Www INtegrated Guide on Server-architecture)
Www INtegrated Guide on Server-architecture :
   ホーム Q&A掲示板 サーバサイド環境構築設定 つぶやき ブックマーク レンタルサーバー 総合FAQ/訂正&ダウンロード このエントリーをはてなブックマークに追加        
  • 刊行書籍情報  [書籍マップ
  • オンライン公開 技術記事
  • シリーズ別書籍リスト
  • 「WINGS News」登録/解除
  • WINGSプロジェクト紹介
  • WINGSプロジェクトメンバ募集





【カテゴリ】 JavaScript


速習 ECMAScript 2018  

速習 ECMAScript 2018

山田祥寛/著
WINGSプロジェクト/発行
定価 454円(+税)
Kindle版・ 127ページ・ 4色
発刊日: 2018年7月23日

[Amazon.co.jpからオンライン購入する]

   FAQ 本書訂正 アンケート ダウンロード

本書の特徴

サクッと学べる。ECMAScript 2018の解説書。

これから習得必須のECMAScriptをいち早くマスターしよう。
本書では、ECMAScript 2015(ES2015)以降で大きく変化したECMAScriptの新機能を、6つのPartに分けて、サンプルコードとともに詳しく解説しています。本書掲載のサンプルは、ダウンロード可能。どんどん動かして試してみてください。

※本書は、旧版「速習 ECMAScript 6」をECMAScript 2018に対応し、最新の情報で改訂したものです。

まとめて読んで 更にスキルアップのこんな書籍

・JavaScript開発には欠かせないwebpackをサクッと学習
速習 webpack」(WINGSプロジェクト)
・ビュー(見た目)に特化したシンプルなJavaScriptフレームワークVue.jsを素早くマスターしよう。
速習 Vue.js」(WINGSプロジェクト)
・本格的なフロントエンド開発向けフレームワーク「Angular」に挑戦してみよう
Angularアプリケーションプログラミング」(技術評論社)
・altJSのデファクトスタンダード「TypeScript」を素早くマスターしよう
速習 TypeScript」(WINGSプロジェクト)
・JavaScriptの基本知識をきちんと押さえよう
改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで」(技術評論社)
分野・レベル別マップ

本書について取り上げていただいたブログさま

・CodeZine - CodeZine編集部さま
【新刊紹介】『速習 ECMAScript 2018』発売、ES2015から最新ES2018までの情報のキャッチアップに最適(2018年8月22日)
・note - にわけんさま
【本の紹介】速習 ECMAScript 2018(Kindle版)(2018年8月19日)
・HTML5講習所 - gengen33さま
速習 ECMAScript 2018(2018年8月02日)

  Contents


Part1:はじめに
対象読者
ECMAScriptとは?
 ECMAScriptのバージョン
 ECMAScript仕様策定の流れ
 最新のECMAScriptを利用するには?
サンプルプログラムについて

Part2:基本構文
ブロックスコープを有効にする - let命令
定数を宣言する - const命令
整数リテラルの表現力を改善する - 2進数/8進数リテラル
Math.powを簡単に表現するべき乗演算子「**」[2016]
文字列リテラルへの変数/改行の埋め込みを可能にする - テンプレート文字列
 テンプレート文字列をアプリ仕様に加工する - タグ付きテンプレート文字列
 不正なエスケープシーケンスの処理[2018]
新たなデータ型Symbolとは?
 シンボルの用法
 (1)定数の値として利用する
 (2)プライベートなプロパティを定義する
 (3)プライベートメソッドを定義する
配列/オブジェクトから個々の要素を抽出する - 分割代入
 分割代入の使い方
 (1)関数(メソッド)から複数の値を返したい
 (2)変数の値を入れ替える
 (3)名前付き引数を指定する
 (4)正規表現でマッチした部分文字列を抽出する
配列を個々の変数に展開する - 展開演算子
配列など反復可能なオブジェクトを列挙する - for...of命令

Part3:関数
引数のデフォルト値を宣言する
 補足:必須パラメーターの表現
可変長引数を利用する
関数リテラルをシンプルに記述する - アロー関数
 アロー関数はthisを固定する(レキシカルなthis)
 注意:オブジェクトリテラルを返す時
引数リストの末尾のカンマを許容する[2017]

Part4:組み込みオブジェクト
非同期処理を簡便に処理する - Promiseオブジェクト
 非同期処理を同期処理風に記述する[2017]
 非同期処理を連結する
 複数の非同期処理を並行して実行する
補足:非同期通信のための新たなメソッド「fetch」
 fetchメソッドの基本
 通信の成否を確認する
 クエリ情報を送信する
 ポストデータを送信する
 ポストデータを送信する(JSON形式)
オブジェクトの挙動をカスタマイズする - Proxyオブジェクト
コレクション関連のオブジェクトを標準で提供 - Map/Setなど
 キー/値のセットを管理するマップ
 一意な値の集合を管理するセット
Unicode対応の改善
 for...of構文でもサロゲートペアを認識
 Unicodeエスケープシーケンスが拡張
 サロゲートペアからコードポイントを取得/設定も可能に
表現力が向上したRegExpオブジェクト
 Unicode文字列を処理するuフラグ
 特定の位置でマッチングを試みるyフラグ
 「.」が改行を含めたすべての文字にマッチするsフラグ[2018]
 ひらがな/カタカナなど特定の文字種を取得する「Unicodeプロパティエスケープ」[2018]
 部分パターンを命名する「名前付きキャプチャグループ」[2018]
 (1)後方参照
 (2)replaceメソッド
 肯定後読みと否定後読み[2018]
String/Array/Math/Objectなど組み込みオブジェクトのメソッドも拡充
 Stringオブジェクト
 Arrayオブジェクト
 Mathオブジェクト
 Numberオブジェクト
 Objectオブジェクト

Part5:オブジェクト指向構文
オブジェクトリテラルをよりシンプルに表現する
 変数を同名のプロパティに設定する
 メソッドを定義する
 プロパティ名を動的に生成できる
クラスを定義する - class命令
 匿名クラス(リテラル表現)も利用できる
 静的メソッドを定義する - static修飾子
 getter/setterも利用できる
 既存のクラスを継承する - extendsキーワード
列挙可能なオブジェクトを定義する - イテレーター
 イテレーターを実装したクラスの準備
列挙可能なオブジェクトをより簡単に実装する - ジェネレーター
 カウントダウンするジェネレーター
 非同期処理を伴うイテレーターを定義する[2018]
アプリを機能単位にまとめる - モジュール
 ブラウザー環境でモジュールを利用する
 モジュールの内容をまるごとインポートする
 デフォルトのエクスポートを宣言する

Part6 :トランスコンパイラーBabel
コマンド経由で変換する
簡易インタプリターを利用する

本ページへのリンクには、このロゴをご利用ください。


著作権情報個人情報保護について広告掲載についてRSSフィードについて
出版社の方々へ会社概要スタッフ紹介サイトマップ  
お問い合わせ: mailto:yoshihiro@wings.msn.to
Copyright(c) 1998-2018,Yamada Yoshihiro.  All Right Reserved.